意志薄弱でありえない大蛇を呼ぶ。

24歳社会人2年目♀のブログです。

本の虫ではなく文字の虫に贈る、Kindle Unlimitedのススメ

本を読む人には、3種類いると思っています。

  • 本という媒体を愛する人(紙質とかにおいとかも含めて好き)
  • 物語が好きな人(おそらく一般的な読書家)
  • 文字が好きな人(図鑑でも辞書でもなんでも読む人)

Kindle Unlimitedは、この中でも「文字が好きな人」におすすめします。

絶対に金を払いたくないどうでも良い本が読める

とてつもなく暇を持て余したときに、絶対に読みたくない本が読める

それがKindle Unlimitedのメリット。

例えば私の場合は「スピリチュアル」とか「大人女子」と馬が合わないというか、存在に大爆笑してしまうタイプなので、こういう本を読んだ。

 

「男性って実は、とっても単純明快なんです!男が落ちるツボからカラダの関係まで、一生男心をつかんで離さない〈愛され女子〉になるポイントをとことん解説します。」らしい。

男性を「単純明快」と言う神経。本一冊で単純明快って言い切るあなたが単純明快なだけでは。

 

 

大人になる前にやってほしいなあ。

 

 

ただの「自律訓練法」だった。でも、どうやら彼らにとっては宇宙との交信らしい。壷とか買ってないといいな。

 

永遠に「それなりの質」が保証された本が読める

ちゃんと読みたい本も読めます。これからの人生の糧になりそうな。

それなりの質の本とは、「ちゃんとした出版社が出してる本」ということです。それなりの質の本の良いところは、誤字が少なく、日本語もちゃんと読める質であること。

もちろん名書もあります。「それなりの質」というのは、眉唾な新書のことだ。

Kindle Unlimitedでわりとたくさんの本を読ませてくれるのは『光文社』で、こんな感じの本がある。どれも面白かった。

光文社古典新訳文庫

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)

リア王 (光文社古典新訳文庫)

車輪の下で (光文社古典新訳文庫)

光文社新書

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?~身近な疑問からはじめる会計学~ (光文社新書)

ケトン体が人類を救う~糖質制限でなぜ健康になるのか~ (光文社新書)

 

他にもみんな知ってるあんな本やこんな本がある。

ベストセラー

ちなみに全部読んだ

 

結構、数年前のベストセラーとかが多い。特にビジネス書。

月額980円でピンからキリまで、文字が浴びるほど読み放題!

Kindle Unlimitedなら、呼吸をするだけで宇宙と繋がっちゃう本から、シェークスピアまで読み放題!

ちょっと面白そうだな、と思った場合は、30日の無料体験もできます。

クソ of クソアワードグランプリを贈呈するのはこちらの本。金を払わずに読みたい度No.1。

 

是非お試しください。