意志薄弱でありえない大蛇を呼ぶ。

24歳社会人2年目♀のブログです。

部屋が、汚い。

冷凍庫の霜取りをしないと。

そのためにはまず冷凍庫を空けなきゃいけないから、恋人から贈られてきた、山盛りの手作り小籠包をやっつけなくては。

 

12月中に引っ越しを予定しており、唯一の大型家電である冷凍庫を見つめつつ、そんなことを考えていたのだが、ふと気づいたら部屋がめちゃくちゃ汚かった。

わりと惨状なので、この現状を説明するために、ADHDと診断されたみ( ˘ω˘ )という気持ちが沸き起こっているところだ。そのうち、金ができたら診断に行ってみよう。

 

思えば小学生の時から、勉強はできるけど片付けができず、連絡帳にも「手紙をちゃんと持って帰って、お母さんに見せようね」とか、書かれていた。

どういうことかというと、貰った手紙は連絡袋とかいうファイルに入れるのではなく、とりあえず机の中に放り込み、そのまま教科書を突っ込んだりして、ぐしゃぐしゃにしていた。手紙で机がパンクしていた

弟が入学してからは、「かていすう(家庭数)のお手紙」は普通年長者が預かるものなんだが、弟が持って帰っていた。その節はお世話になりました。

 

勉強は人並み以上にはできたので、看過されてきた私の「とんでもなく片付けられない病」。一応、プリントを無くすことは少なくなったものの、整理整頓は未だにできない。

大学時代も、ノートやプリントの整理ができないというだけで、全教科のプリントやノートを毎日カバンに入れて持ち運んでいた。荷物の総重量は10kgを超えていた

成績も良かったため、先生方や他の同級生から見ると「とても勤勉で真面目な生徒」だったらしい。だが、その本質はただの脳筋である。

 

整理整頓ができなければ、全部持ち運べばいいじゃない。

 

あの頃の私は、相当なマッチョだった。脚力は男性20代の平均を超えた。肺活量も男子バスケットボール部並みと言われた。多分全部、カバンのせいだ。高校だって茶道部だったし、サークルは幽霊部員の、一般的な根暗系本の虫である。生息地は、グラウンドでも、サークルの部室でも、大学近くの飲み屋でもなく、図書館だった。

 

そんな私が、一人暮らしをして2年が経った。

 

これがご尊顔ならぬご尊室である。モザイクかけたのでなんのこっちゃかもしれないが、床が見えているのは、多分1平方メートルくらいじゃないか。

 

f:id:kariness:20171204114822j:plain

 

寝床だけを確保したスタイル。

ちなみに、テレビとゲーム、パソコンはできる。ただ、テレビのリモコンは枕代わりの毛布と同一化して消えることがたまにある。

基本的に無法地帯なのだが、こんな部屋にもひとつだけルールがある。

 

なまもののゴミは絶対に置かない。腐るし、虫が湧くから。

虫の駆除は大変だ。元父も片付けが全然できなかったので、昔の実家はたまに部屋の隅に蛆虫っぽいものが湧いてた。あの片付けられなさ、病的である。私が言うのも何だけど。

なお、逆を言えば、なまもの以外のゴミは結構ほったらかしだ。腐らないし、虫が湧かないから。

なまもの以外のゴミの内訳は、飲み干して中を洗ったペットボトル、Amazonのダンボール、何かを開封や購入したあとのビニールの梱包など。Amazonのダンボール箱は、多分20個~40個くらいあるんじゃないか? 知らんけど。

 

また、ゴミ以外にも、収納が一切ないので服は積み重ねられ、よく読む本は枕元に置いてある。もちろん、靴下はよく行方不明になる。

こんな惨状なのに、普段生活しているのでなんとも思わなかった。写真に撮ってびっくりした。

 

すごーい!テレビで見る汚部屋みたい!

 

写真はすごい。客観視ができる。

すごい! 私の部屋汚い! やばい!! 危機感を感じる、千年の恋も冷めるし、人格を疑う!!!!

こんなやつには仕事を任せられないし、なんか無責任そう!!!!

 

引っ越しまであと3週間くらい。果たして間に合うのだろうか。引っ越しに間に合ったかどうか、また報告したい。